平成25年度(2014年度)・夜間主科目

科目名  金融経済

担当教官  澁谷 浩    単位数 2     配当年次 IIIIV 後期


1.授業の目的・方法<Course objective and method>

本年度は、金融の自由化・国際化の観点から、国際金融を中心に学習する。今日の日本経済及び世界経済は国際金融の知識無しには理解できない。授業はゼミ形式で行う。すなわち、学生に前もってレジメを作成し授業で発表してもらう。発表内容について全員参加の質疑応答をおこない議論してもらう。

2.授業内容<Course contents>

序章: 国際金融とは
I部 基本的視点
1.基本的視点の設定
2.マクロ的視点の導入:国民経済計算と国際収支計算
II部 貨幣と為替レート
3.貨幣とマクロ経済
4.為替レートと外国為替市場
5.金利と為替レート:資産市場における裁定と均衡為替レートの考察
6.物価と為替レート:生産物市場における裁定と均衡為替レートの考察
III部 開放マクロ経済:金融・財政政策と為替政策
7.為替レートと実体経済
8.為替レートと開放マクロ経済政策
9.為替政策:為替介入と為替相場制度
IV部 発展的トピック
10.国際金融を取り巻く難問
11.為替レートの理論と現実:実証分析と為替レートをめぐるパズル

3.使用教材<Teaching materials>

藤井英次、「コア・テキスト国際金融論」、(第2版)、新世社、2013年.

4.成績評価の方法<Grading>

授業での発表・レジュメ(50%)と質疑応答(50%)の成績に基づいて決める。

5.成績評価の基準<Grading Criteria>

経済学科の統一基準に基づく。

6.履修上の注意事項<Remarks>

マクロ経済学およびミクロ経済学の基礎知識を持っていることが望ましい。


前のページに戻る